FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新世代!

性能もさることながら、価格の低下、信頼性の向上も見えてきたので11年使い続けた初代ノートを代替わりさせることに。
出たばかりの新世代プロセッサを採用しているのは欠かせないポイント。

11年と言う時間をPC世界で見るとHDDの容量増加なんて軽くすっ飛ばしてSSD主流の時代になっている状態。USBメモリもMB単位が普通の時代だったような気が。
画面サイズも小さくなったのに解像度が3倍になっているのはもうデカルチャー。当然のようにタッチパネル。

この10年来の変化を比較するためにスペックを書き纏めておこう。

初代機
OS:Windows XP
CPU:Pentium M 1.73GHz (Single Core)
MEM:2GB(DDR1/PC2700)
Storage:80GB(2.5inch HDD U-ATA-100 4200rpm)
Display:1280x768Pixel(WXGA 14inch Wide)
GPU:Intel 915GM(ChipsetGraphics)
BAT:12セル/公称7時間(BTOなので6セル/3.5時間から変更)
Weight:2.7kg

詳細にスペックを確かめる事なんて買う前か性能調整する時ぐらいなので、メモリ2GBを見た時は2度見してしまった。メイン用途でないとはいえ、よく使ってたなあ。
今でも立ち上げから使用まで1~2分かかるので「電源入れたら他の作業」を普通にしていたりする。

買う予定のはこちら。
フルHDの下位モデルでもいいかと思ったけど、4Kほしー!ってことで。
HP Spectre x360 - ノートパソコン | 日本HP

次代機
OS:Windows 10
CPU:Core i7-7500U 2.7-3.5GHz (2core/4Thread)
MEM:16GB(LPDDR3 PC3-14900)
Storage:1TB(SSD PCIe NVMe M.2)
Display:3840x2160pixel(UHD(4K) 13.3inch) タッチパネル
GPU:Intel HD Graphics 620(OnCPU)
BAT:3セル/公称9時間
Weight:1.31kg

重量半減、性能向上。世代が違いすぎるので比べること自体が間違ってるような感じだけど、新しいパーツに贅沢なストレージを搭載したのが特徴。
初代の80GBは価格バランスが適当にいい具合の物だったかなと思うと、1TBのSSDはかなり贅沢なチョイス。
メーカーのラインナップにしてみればスタンダードBTOに対してラグジュアリーなラインにあるモデルなので(筐体デザインにコストが掛かっている)、スタンダードなラインで同じ性能のものがだいぶ安く手に入るのかもしれない。

3月下旬から順次発送のうえ、人気で予約多めの様子なので届くのは4月初めぐらいかなと思われるので、あと1か月少々をじっくり待つことにしよう。

コメント

検索フォーム
プロフィール

Anne

Autore:Anne
きっとあんころ屋さん。

正しくは Anne Xstv Altierl Nuo Divelzz Quoatlwzki らしいがそんなのは知らん


当ブログについて
すべての記事一覧
本家はこちら

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
 
最近のコメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。