スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるのか、夏

週間天気予報を見て思うのだが「これもう秋雨じゃねえの?」という雨予報の並びに農作物の生育を案じてしまうTOKIOizm的な何かを感じてしまう今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

今回はだたの悶々とした事を書き連ねてるだけだから冒頭の生存確認だけで十分だと思うのよ(・ω・)

AMDのお蔭で慌てふためくように見えるIntelだが、前倒ししてきたと思われるラインナップはどうも些細な焼き直しにも見え、そして実物の登場はいつになるやらという不安定さが見える現状。

新製品と目されるcoffeeはどうも元kabyだったらしく、本物の新世代はさらに先の事(あるいはまたさらに先――2018年の夏ぐらいかも)になりそう。殿様商売が過ぎてすっかり鈍ってしまった感がある。
技術的なハードルが昔に比べてえらく高くなってきてる影響もあるようだが、一般消費者には分かる筈もない。

現在の選択としては現行kabyの値下がりでゲーム用をチョイと組む程度かなと。
最新のAAAゲームはともかく、サービス開始から10年を迎えようとするPCネットゲームに最新のCPU技術は持ち腐れてしまうことがほとんど。むしろ、基本的なパワーすら持て余すかもしれない。

日常には春頃に導入した、いわゆる全部乗せ状態のLIVA-Z4 TSがベターチョイスとなり、ここに3D作業用のGPUを追加できれば十分だな、という状態になっている。
もはや夢のようなモンスターパワーは必要なくなってきた。

だが、個人的な用途として3Dパワーは欲しいし、それなりのCPUも欲しい。
なので、やはりパワーのあるPCは必要になってくるのだが、Ryzenの存在はとても悩ましい。
その原因はスペック&コストの良さと、ソフトウェアの対応がまだ不十分な点だ。

ソフトは対応が進めば(≒時間をかければ=待っていればあるいは)良くなるが、その保証が物によって無かったり、不十分だったりするので、ハードを揃えたところで十分な性能を活かせる可能性が低いことがある。一部では動作すらしないものもある。

そこで安全策として対抗のkabyでと思うのだが、これから終息が始まりそうな製品を今更買うというのは将来にわたって不安な要素になってしまうことだ。少なくとも5年は対応してくれないと困る(特にOSが)。

ここで冒頭のcoffeeの話になるが、これがまた微妙な(正式発表すら無いので、これで断定はしないが)状況なため、次のPCはどうしたものか…と悩む日々である。

コメント

検索フォーム
プロフィール

Anne

Author:Anne
きっとあんころ屋さん。

正しくは Anne Xstv Altierl Nuo Divelzz Quoatlwzki らしいがそんなのは知らん


当ブログについて
すべての記事一覧
本家はこちら

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
 
最近のコメント
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。