わりとwindows7の話

使い始めて約半年を超えたぐらいか。基本的に「慣れれば便利」なUIなのでXP以前になると「ビミョーに不便」になりつつある。XPと大きな差はないんだけど「微妙に」の違いがやっぱり微妙に不便だなあと思うようになった。

また「慣れれば」の敷居が低くも感じる(windowsの慣習に慣れてるならという前提はあるけれど)のであって、敷居があるのは確かだけど、悩みのループにハマる事は少ないかなあと感じる。
実際のとこ1か月ぐらいで基本的な所は慣れてしまった。

XPを使っていた頃はスタートメニューを整理しまくってたけど、今では完全に放置状態。必要なソフトを探したい時もスタートボタンを押してプログラム名の最初を数文字打ち込めば使いたいプログラムが検索に出てくるので、「アレどこいったっけ?」もかなり減った。


クイックランチャは簡単に代用品が作れるので(構造がショートカットを詰めたフォルダでしかないので)それは作ったけど、ぶっちゃけ専用のショートカットは激減しました。

内容としてはインストーラーがなく、スタートメニューへショートカットを作らないソフト。あとは後述のタスクバーにピン止めする程ではないけど、それなりに使用頻度のあるソフト。


デスクトップショートカットは基本的に作らない派なのでゴミ箱しか置いてない。むしろデスクトップの必要性を感じなくなってきた。ゴミ処理が他のルートから出来るようになれば(今でも可能だけど)デスクトップ自体消滅しそうな感じである。

逆に頻繁に使うソフトはタスクバーにピン止めしておいて、そいつを押せば起動するし、よく使うフォルダもジャンプリストに入れておくだけで済んでるので、エクスプローラの起動ショートカット(win+E)を押す回数もそういえば減ったなあと思いだす感じ。だいたい右クリック→左クリックで用が済んでしまう。


標準で稼働している機能をoffにしたのはジャンプリストの履歴機能ぐらい(スタートメニューかタスクバーを右クリック→プロパティから設定可能)。

エクスプローラのジャンプリストには直前に開いたフォルダなどがジャンジャン溜まっていくので「いつものフォルダはどこいったー!?」という事態がしばしば発生。
使い始めたころの話ではあるけど、親切なようでちょっと不便だったなあ。データ移動とかのあたりで特に。


まだ完全に使いこなせてないのがライブラリ機能。
でも、こいつに合わせてデータをまとめていけば楽に使いこなせそうだと強く感じているので、イイナーと思っている。
何故かっていうとデフォルトでタスクバーからエクスプローラを開くとライブラリが開くからなのである。
必要なフォルダをダイレクトに開きたい場合は前述のとおり右クリック→選ぶ→左の順で開けるけど、そう頻繁に使わないフォルダを開く時が微妙に面倒だからだ。
「ああ、これもライブラリ以下にまとめておけば1クリックで済むんだろうなあ」と思っている次第である。


さて、今回は最後にtipsを一つ紹介。

windows 7ではローカルフォルダのサムネイルキャッシュ(画像のサムネなど)の保存先がフォルダごとではなく、専用の管理場所へ保存されるようになっているようで、そのサイズがなかなか巨大になりやすいようである。

条件が謎のままだが、不定期にキャッシュは削除されるようで無限に増え続ける事はなさそうだが、サムネイルを利用している以上ディスクの容量を占めるうえ、SSDでは気になるアクセスが頻発することとなる(最近の製品ならそこまで寿命を気にする程ではなくなったと思うが)。

今回はそのキャッシュ場所を移動するtipsである。
意外にも標準で機能は用意されていたようで、特別なツールを使う事なく移動が可能である。

手順は至ってシンプル。以下のキーと値をレジストリに作成すればよい。

キーの作成位置:HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
(新規)キー :ThumbnailCache
(新規)文字列:Location
値のデータ:キャッシュを置きたいフォルダのパス(例:d:\thumbcache)

regファイルに作成する場合は以下のようになる。
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ThumbnailCache]
"Location"="d:\\thumbcache"

以上を追加し、再起動すると新しいフォルダにサムネイルデータが作成されている。
再起動以前にあったデータは残ったままなので削除すること(ただし再起動前ではロックがかかっているため削除不能)。

ちなみに標準状態でサムネイルデータがあるフォルダは以下。
c:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows\Explorer

この設定にはキャッシュ上限の設定もあるようだが、明確な答えが得られてない様子なので、とりあえずフォルダ移動だけのメリットを考えるのがようさそう。
情報元になったフォーラムでは500MB~2GB程度にまで膨らむという話がある。

また、キャッシュを移動することで今までのサムネイルがクリアされる(再起動前に新しい場所へコピーしておけば平気なのかは試してない)ので、最初のうちは開くたびにサムネイル作成のディスクアクセスが増える点もやや注意。


ネガティブに物を見るのが一つの慣習のようなwindowsだけれど、7については人に勧められる程にはマシになったかなあと思う。
細かいところで困ったネタが出るのは変わらずだけど、古いバージョンから比べればぐっと減った印象はある。

後は基本スペックの要求がやや上がっている点であるけれど、デスクトップPCであれば10万円弱の価格で十分満足のいく環境が得られる時代なのは確かなので、予算さえ許せば移行を強くお勧めしたくはある。

それではまた。

コメント

検索フォーム
プロフィール

Anne

Author:Anne
きっとあんころ屋さん。

正しくは Anne Xstv Altierl Nuo Divelzz Quoatlwzki らしいがそんなのは知らん


当ブログについて
すべての記事一覧
本家はこちら

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
 
最近のコメント
RSSリンクの表示